ビジネススキル

これから独立や転職する人に伝えたいこと

これから独立や転職する人に伝えたいこと

退職と転職は当たり前と言われる現代の世の中。

自身のスキルアップ、結婚や出産を機に、仕事のストレスでメンタルをやられそうなど、会社を辞める理由は人それぞれで様々な事情があると思います。

また、転職せずに、「個人事業主」や「フリーランス」として独立をする人もいるでしょう。

会社を辞めることはけっして悪いことではありません。

しかし、何の準備もせずに会社を辞めてしまうのは、賢い選択とは言えません。

「貯金がある」という理由だけで、何の準備もなくいきなり仕事を辞めてしまうと、退職後に思わず苦労に見舞われることがあります。

ただでさえ、退職した後は何かと忙しいです。

そんな時に退職したことによる不便を被ると新生活のスタートにつまずいてしまいます。

会社を辞める前には、「退職前にやっておけば良かった」と気付いて後ないのように、しっかりと準備を整えてからのほうが良いでしょう。

今回は、これから独立や転職をする前に、退職前にやっておくべきことを紹介していきます。あなたの新生活のスタートダッシュにお役立てできたら幸いです。

動作が遅いとストレスでしか無いので「PCをケチるのは禁止」

何の職種で独立するかによって変わりますが、仕事に必要な道具は用意しておきましょう。

いつ仕事が舞い込んでくるかはわかりませんので、すぐに対応できる準備をしておくべきです。

特にパソコンは必ず持って起きた方が良いでしょう。近年、仕事の獲得やクライアントとのやりとりはネットを通して行うことが多いです。どのような職種であれ、パソコンはほぼ必須の道具と言えます。

現代におけるインターネットビジネス市場が拡大はめざましく、パソコン1台あれば誰でも起業できる時代になりましたね。

インターネットビジネスでなくどんなビジネスであってもパソコンは必要不可欠なものです。

しかし、そんな重要なパソコンの動作や処理に時間が掛かってしまうと、それだけで仕事の生産性が大幅に落ち、とってもストレスフルになります。

急いで客先提出用の見積もりを作らなければならないのに、青い輪がぐるぐる回って動作が止まり、我慢して待った挙句に画面がフリーズしてしまったり。

一時的にであればまだしも、1日に何回も起こり仕事が進まない。そんなイライラは、仕事の中で誰もが一度や二度は経験したことがあると思います。

創業時のパソコン選びは仕事の効率に直結します。そのため最初のパソコン選びはスムーズに起業して事業を拡大していくための初めの一歩です。

パソコンを使って仕事をするのが当たり前となった今、パソコンが事業拡大/衰退の鍵を握っていると言っても過言ではありません。

パソコンは2~3万円くらいの低価格のものから、30万円くらいする超高額なものまで、様々なものがあります。

起業した時は予算を抑えてとにかく安いパソコンを買ったり、プライベートで使っていたパソコンをそのまま使うなど、パソコンをケチるのはやめましょう。

安くて使い勝手が悪いパソコンは事業に不利益を、あなたにストレスもたらします。スムーズに作業できるパソコンは必ずしやあなたに利益を与えてくれます。

さらに、周辺機器を賢く選べば、業務効率は大幅に向上します。生産性が上がるならば惜しみなく費用をかけるべきです。

作業効率がまるで違うモニターは2画面以上に!

起業すると、基本的に最初は何でも自分1人でこなさないといけません。そのため、雑務も含めて膨大タスクを日々こなしていく必要があります。

メールの返信、見積り・客先資料・請求書・納品書作成、売上計算など、次から次へと現れるタスクをこなすためには、複数のタスクを同時にこなしていく「マルチタスク」の能力が必要になります。

マルチタスクを実行していく上で、デュアルモニター/マルチディスプレイを使いこなすことは重要です。

1台のパソコンで2台のディスプレイを使うことを、デュアルモニター、2台以上の複数のディスプレイを使うことを一般的にマルチディスプレイと呼びます。

複数のディスプレイを使えば作業効率が大幅に上がり、仕事が大いにはかどるはずです。複数のディスプレイを使うことのメリットは、「複数の作業を同時に行える」ことです。

例えばブログを書く場合、デュアルディスプレイであれば一つのモニターで調べものとなるサイトを開き、もう一つのモニターでブログを書くという使い方ができます。

また、ブログを書きながら、もう一方の画面で画像加工をしたり、動画の編集もできます。ブログにだけでなく、情報を表などにまとめる作業をする人は、デュアルディスプレイにすると効率がアップしますね。かなり作業時間が短縮されます。

画面一つのパソコンでも複数の作業を同時に進めることは可能です。

しかし、ウィンドウを最大にできなかったり、いちいちタブを切り替えたりと効率が良くないものです。

会社をやめる前にクレカを作る!退職してすぐは審査が通らなくなります。

近年ではクレジットカードがないと、携帯電話の格安SIMの契約ができなかったり、インターネットで買い物ができなかったりと、クレジットカードが必須品となってきました。
クレジットカードは、現金を持ち歩かなくて楽、ポイントが貯まる、とメリットが多いですね。

勤務先を退職、転職する際には、その前にクレジットカードを作成しておくのがおすすめです。

退社後、無職の状態でクレジットカードをつくることは非常に難しいです。転職先が決まって勤務が始まる前の期間は作れないと思った方がいいでしょう。

また、転職後すぐは審査が通りにくいです。クレジットカードを作るには安定継続収入が必要になります。

大企業に務めている場合や、その会社での勤続年数が長い場合ほど、カードの入会審査に通りやすくなります。高齢者の年金も原則収入として見なされるので、年齢に関係なくクレジットカードを作ることは可能なのです。

しかし、勤続年数が1年以下では収入が安定しているとは言い切れず、審査に落ちる可能性が高くなります。クレジットカード発行会社や金融機関にとって、勤続年数は個人信用の重要項目だということですね。

特に起業した場合は審査が厳しくなります。

もちろん安定した収入を得られるようになれば審査に通るようになりますが、起業してから1年目で安定した高収入を得ることは難しい可能性の方が高いでしょう。

したがってクレジットカードをつくるなら転職・退職する前の在職期間中に申込みすることが審査に有利です。これはキャッシングを利用したい場合も同様です。

安定継続収入がある時に作成したカードは、転職したり無職になっても使えなく無くなることはありません。

所有しているカードを延滞なく支払うことができていれば、無職になっても使い続けることは可能です。

転職・退職前のクレジットカード作成で注意すべき点は、「在籍確認電話」です。クレジットカードは申込みをしてから1~2週間ほどしてクレジットカード会社から勤務先に連絡がきます。その会社で実際に働いていることをする確認するのですね。

この在籍確認電話が退職間際になると、クレジットカード会社に退職する情報が伝わってしまい、カード作成が不可能になってしまう可能性があります。

さらには虚偽記載の勤務先情報と見なされ、ブラックリストに載ってしまうリスクもあります。

退職間際にクレジットカードが作る場合には、即日発行や最短5分発行などの対応しているカードに申し込むようにしましょう。

ちなみに申し込んでから翌営業日までには発行可能なクレジットカードの中では、「三井住友カード」「JCB一般カード」「ACマスターカード」の3枚のカードをおすすめですよ。

マンションも今のうちに借りておく。クレカと同じでマジで審査が通らなくなります

退職後には、近場で転職する人もいれば、地方へUIターンをする人もいるでしょう。起業しようと考えて、当面収入が落ちるため、固定削減で引っ越しを考えている人もいるも思います。

このように転職・退職後に引越しを検討しているならば、在職中に賃貸契約を結んでおくことをおすすめします。転職してすぐや無職中だと、入居審査を通るのが厳しくなってくるからです。

一般的に、入居審査時にもっとも重要視されるのが収入です。家賃を滞りなくきちんと継続して支払う能力があるかがチェックされます。

いくら貯金があったとしても、「無職」は信用ゼロです。

また、賃貸契約時にわざわざ無職になる予定のことを話す必要はありません。

退職予定の方に、年間契約はできません。家賃全額前払いの3ヶ月契約などになる可能性があります。

そうなるも3ヶ月おきに都度都度契約するのも面倒なものですよ。連帯保証人も必要になるでしょう。

言い方は悪いですが、入居してしまえばこっちのものです。退職や転職に関わる情報は伏せて、契約してしまいましょう。

クレジットカードと同様に、転職時の部屋探しで注意すべき点は「在籍確認」です。

一般的に、入居申込書を提出すると、その後勤務先に電話で在籍確認が行われます。しかし、退職間際のタイミングだと、その旨を不動産業者に伝えられてしまう恐れがあります。

退職日よりも余裕を持った期日に賃貸契約を行うといいでしょう。

そして賃貸契約ではなく、住宅購入を考えているならば、ローンの申請も退職前に済ませておくのがベストです。

収入の波がありボーナスもない起業当初や、就業期間が短い転職後では住宅ローンの審査にも通りにくくなっています。

理由はクレジットカードの場合と同様です。貸した金が返ってこないリスクが大きいためです。

会社に勤務しているということは、それだけで社会的な信用があるし、在職期間が長いほど信用は厚いのです。

会社員という信用があるうちに申し込めば、審査が通りやすくなります。実際にローンを組んでしまえば、その後会社を辞めたとしても問題はありません。

もちろん、退職後にも返済は続けなければなりませんので、返済が滞らないように、しっかりと返済計画をたてておくことが重要です。

【まとめ】これから独立や転職する人に伝えたいこと

・動作が遅いとストレスでしか無いので「PCをケチるのは禁止」
・作業効率がまるで違うモニターは2画面以上に!
・会社をやめる前にクレカを作る!退職してすぐは審査が通らなくなります。
・マンションも今のうちに借りておく。クレカと同じでマジで審査が通らなくなります。

独立も転職も最初が肝心です。

スムーズに新生活が始められるように、今回紹介したことは退職前にやっておきましょう。

ABOUT ME
アバター
mikage
mikageです!これまでの経験をもとにブログを書いています!事業会社でWebマーケティングしています!