ビジネススキル

フリーランス初心者に伝えたいこと

フリーランス初心者に伝えたいこと

フリーランスとは、特定の企業や団体、組織に属さずに、自分のスキルや専門技術を活かして仕事を請け負う「働き方」のことを指しています。

企業に属さないという点では、個人事業主と同じような働き方と思えるかもしれませんが、厳密には違います。

個人事業主とは、税務署に開業届を出した人のことを指します。一方でフリーランスの中には、税務署に開業届を出さずに活動している人が存在します。

フリーランスとして仕事をしていても、一定の収入を超えなければ確定申告をしなくて済むケースがあるためです。ここが個人事業主との1番大きな違いでしょう。

近年インターネットの発達と、クラウドサービスの浸透、シェアオフィスの概念が定着しつつあることなどにより、時間や場所にとらわれない自分のスキルを活かせる働き方のフリーランスが注目されるようになってきました。 

独立して働きたい人
出産や育児をしながら働きたい人
定年退職後もスキルを活かしたいシニア

フリーランスを目指す人は増え、実際にフリーランスで働く人口は増加傾向にあります。

しかし、フリーランスになって仕事を始めたいと思っても、もちろん全員が成功するわけではありません。

1年間で約40%の個人事業主は廃業してると言われます。これは個人事業主を対象としているので、フリーランス以外も含まれていますが、参考になる数値です。

さらに期間が長ければ長いほど、廃業率も75%、90%とどんどん高くなっていきます。10年生き残れるフリーランスの方は、ほんの一握りの人と言って過言はありません。

フリーランス初心者に伝えたいこと

【必須】SNSは絶対伸ばすべき
稼いでも満足せずにどんどん自己投資
開業届はfreeeで楽ちん
年収1000万行きそうなら法人化
月10万以上のサブスクの仕組みを持つ
違う業界の人と絡みまくる

今回はフリーランス初心者やこれからフリーランス目指す人に、長年に渡り事業を継続していくために重要なことを紹介します。是非参考にしてみて下さい。

【必須】SNSは絶対伸ばすべき

最近では大手企業もSNSを利用した情報発信を行っていますが、フリーランスにとっても、SNS活用は必要不可欠です。

フリーランスにとって、SNSは仕事や人脈をつくる上で実に便利なツールであり、もはや名刺代わりと言っても過言ではありません。

さらに広告に資金をかけることのできないフリーランスにとってはSNSは「無料」の広告になります。

手頃で始めやすく、情報発信方法としてもかなり役に立ちます。

自身の努力や価値観や行動や理念などを継続的な発信することで、共感する人が自身のファンとなる可能性もあります。

代表的なSNS

twitter
facebook
instagram

twitter

twitterは文字ベースのSNSなので、つぶやきに自分の「考え」や「価値観」が反映しやすいのが特徴です。文章だけではなく写真や動画も添付できます。

リツイートと呼ばれる他のSNSにはない高い拡散力があり、一気に拡散された投稿は「バズる」と呼ばれています。

facebook

facebookはビジネスパーソンを中心に利用をしている人が多いです。ブランディング・製品紹介・リード獲得広告の発信に主軸が置かれています。

Instagram

Instagramは画像や動画をメインに投稿していくSNSです。Instagramには流行に敏感なユーザーが多いので、新商品の販売が多い企業や新の流行を発信していくのに適しています。

視覚的なインパクトで商品をアピールできるのも強みですね。

どのSNSをどう活用するかは、自身のビジネスで扱う商品やサービス、仕事のターゲット層に合わせて使い分けましょう。

SNSではフォローしたりフォローされたりを繰り返して人脈を広げていきます

繋がった人達は全員将来の見込み客です。すぐに売上に繋がらなくても、大切に育てていきましょう。

これから独立や転職する人に伝えたいことこれから独立や転職する人に伝えたいこと 退職と転職は当たり前と言われる現代の世の中。 自身のスキルアップ、結婚や出産を機に、仕事のスト...

稼いでも満足せずにどんどん自己投資

フリーランスとして独立して間もない期間は当然、収入はそれほど多くありません。しかしその時期に節約するというのは決して賢いお金の使い方ではありません。

1番賢いお金使い方は「自己投資」です。

自己投資とは、自らの能力や人間性の成長や人脈作りのために金銭を費やすことです。

成功する人は、仕事で稼いだお金を自分のビジネスに役立ちそうなことに投資するのです。

逆にビジネスで成功しない人は、仕事で稼いだお金を貯蓄に回したり、趣味や欲しいものに使ってしまう傾向があります。

特にフリーランスの場合は、自己投資が重要になります。独立するということは独りで生きていくということ。つまり、個人のスキル・知識を身につけていかなければいけません。

またフリーランスの人口は年々増えています。

フリーランスである程度稼げるようになったからといって現状維持のままでいると、すぐにライバルに追い越されてしまいます。

常に自分の市場価値は上げないといけないのです。

自己投資の定番といえば読書

低コスパでビジネスに役立つ知識を手に入れることができます。また、成功者や尊敬する人の考え方を取り入れることもできますね。

その他の自己投資

その他にも英会話の勉強、筋トレ、資格の取得、セミナー参加など自己投資の種類は様々です。

自分の時間を作るために家政婦や従業員を雇うのも自己投資と言えますね。

人によって必要な自己投資はさまざまですので、自分に必要な自己投資を見極め、実践するようにしてみてください。

事業を伸ばす為の大切な事を伝えます事業を伸ばす為の大切な事を伝えます。 企業や店舗の経営を続けていくためには、売上を伸ばすことが重要です。 コロナ禍というこれまで経験し...

開業届はfreeeで楽ちん

開業届とは、個人事業の開業を税務署に知らせる届出です。

フリーランスとして活動を始める時は、原則として開業後1ヶ月以内に最寄りの税務署に開業届を提出します。

届出を出さなくても罰則はありませんが、本格的にフリーランスとして活動をするのであれば、次のようなメリットがあるので、出しておいたほうが良いでしょう。

・青色申告をすると節税対策になる
・自分の屋号で仕事ができる
・フリーランスとしての自覚が生まれる
・小規模企業共済に加入できる
・屋号付きの事業用銀行口座を作れる

しかし、手続きが面倒だという理由に開業届を出さないフリーランスの人は多いようです。開業届を作るのは面倒だと思う人には、開業freeeというアプリがおすすめです。

freeeは無料の開業届作成サービスです。最短5分ほどで簡単・正確に必要書類を作成できます。

それだけでなく、「青色申告承認申請書」も自動で作成できますので、簡単に開業できます。

フリーランスになりたては何かと忙しいので、freeeで簡単に開業届けを済ませてしまいましょう

20代でやると人生好転すること11選20代でやると人生好転すること11選 人生の中でも20代は、「自分が豊かな人生を歩めるかを決める転機点」ともいえる時期です。 20代は...

年収1000万行きそうなら法人化

以前は法人化のための資本金が1,000万円以上必要でしたが、会社法の施行により、資本金1円からでも会社設立ができるようになり、法人化のハードルは大きく下がっています。

法人化することにより、社会的に高い信用を得られ、そして節税対策ができるというメリットがあります。

ではフリーランスから法人に切り替えるタイミングはいつ頃がベストか?それが年収1,000万円を超えた時なのです。

フリーランスは、1年間の売上高が1,000万円を超えた段階で、消費税の納税義務が2年後に生じます。

例えば、2021年の売上が1,500万円なら、2023年は消費税を払います。800万円なら、払う必要はありません。

そして法人の場合は、起業して最初の2年間は、消費税の支払いが免除されるのです。

つまり、フリーランスになって売上高が1,000万円を超えてしまっても、2年経ったところで法人化すれば、さらに2年間消費税が免除されることになります。

つまり、合計で4年間の消費税が免除されることになるのです。

アフェリエイターが組織化(法人化)するメリット・デメリットについてまとめてみたアフェリエイターが組織化(法人化)するメリット・デメリットについてまとめてみた 組織とは、2人以上の人が同じ目的を持って一緒に動く集団の...

月10万円以上のサブスクの仕組みを持つ

サブスクとは、サブスクリプションの略です。製品やサービスなどの一定期間の利用に対して、代金を支払う方式です。

いわゆる「月額課金」や「定額制」のことです。

「Amazonプライム」
「Netflix(ネットフリックス)」
「Hulu(フールー)」
「Apple Music」
「LINE MUSIC」

などといった配信サービスが該当します。

フリーランスがサブスクの仕組みを持つことのメリットは、定期的にキャッシュが入る点です。

サブスクは継続して利用してもらうことが前提のサービスです。

毎月にしろ毎年にしても、定期的なキャッシュが入ることにより、経営の見通しが立ちやすくなり、資金繰りがしやすくなります。まずは月に10万円の定期収入を目指してみてはいかがでしょうか?

さらに新規顧客を取り込みやすい、登録情報から顧客のデータを把握しやすいなどといったメリットもあります。

3ヶ月で別人になれるライフハック10選3ヶ月で別人になれるライフハック10選 LifeHack(ライフハック)は、情報処理産業を中心とした一種の「生活の仕事術(考え方)」であ...

違う業界の人と絡みまくる

フリーランスの方は遅かれ早かれ売上の壁にぶつかります。その壁を乗り越えるには、自身のスキルアップだけでなく、「人脈」が必要となってきます。

人脈を広げることで、自身の弱点を安価に外注できたり、将来の見込み客とのつながりができたりなどの、可能性が広がります。

だからこそ効果的な人脈作りは、フリーランスのビジネスの発展には必要不可欠なのです。

人脈作りとして、現代ならSNSなど、インターネットを活用するのが1番お手軽です。

SNSを活用することで、同業者や自身の課題を解決できるような人を探すことができ、実際に会わなくてもコミュニケーションが取ることができます。

違う分野や幅広い人脈を求めるなら、交流会・イベント、セミナーなどに参加してみるのもいいでしょう。

名刺交換や情報交換などが目的として交流が行なわれる場は刺激になり、有益な時間になるでしょう。

【器の大きい人の特徴】器の大きい人の特徴とは?【器の大きい人の特徴】器の大きい人の特徴とは? あなたは「器の大きい人」と聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか? ・上司や部下から...

【まとめ】フリーランス初心者に伝えたいこと

フリーランス初心者に伝えたいことについて紹介しました。

フリーランス初心者に伝えたいこと

【必須】SNSは絶対伸ばすべき
稼いでも満足せずにどんどん自己投資
開業届はfreeeで楽ちん
年収1000万行きそうなら法人化
月10万以上のサブスクの仕組みを持つ
違う業界の人と絡みまくる

フリーランスとして成功することは決して容易いことではありません。

ですが上手くいけば、もちろん年収アップにつながる金銭面のメリットもあります。自分の技術やスキルを最大限に活かせることも魅力的です。

ここで紹介した方法を参考にして、興味のある方は是非フリーランスを目指してみてください。

ABOUT ME
アバター
mikage
mikageです!これまでの経験をもとにブログを書いています!事業会社でWebマーケティングしています!