生活スキル

大切にした方が良い人の特徴

大切にした方が良い人の特徴

人間関係は人生にとって重要なものです。

学校や職場には自分とは価値観も考え方も異なる人が大勢います。合わない人がいるのは当然のことです。

中には関わるだけで不愉快な気分になり、ネガティブな影響を受け、自分自身が退化してしまうこともあります。

特に自分が悪いわけでもないのに、相手のせいでトラブルに巻き込まれてしまう場合もあります。

さらには、悪口を言われたり評判を下げられたりと、実際的な実害が生じる可能性も考えられます。

誰しも人生は有限であるため、このように自分にもたらす損害が大きい人とは付き合うことをやめるべきです。

代わりにその人と付き合って時間を、もっと「大切」な人との時間に充てるべきです。大切な人といることで、心身共に健全となり、自分自身が成長し、豊かになり、幸せになることができます。

大切にした方が良い人の特徴

・よく笑う人
・空気読める人
・約束を守る人
・人の話をよく聞く人
・マウントを取らない人
・何事も肯定から入る人
・陰口悪口を言わない人
・すぐ不機嫌にならない人
・情熱をもって取り組める人
・ピンチをチャンスに変える人
・つらい時に側にいてくれた人

誰と付き合うかで人生が決まると言っても過言ではありません。ではあなたが大切にすべき人とは、どんな人でしょうか。

この記事では、大切にした方が良い人の特徴紹介します。あなたの身の回りに当てはまる人がいないか探してみてください。

大切にした方が良い人の特徴「よく笑う人」

男性女性問わず、いつ会ってもニコニコしている人って、好感を持てますよね。その場によく笑う人が一人いてくれるだけで、笑顔の輪が広がってみんながハッピーになれます

よく笑っている人がいると、その笑顔は周囲に伝染していきます。よく笑ってる人がいると、自分もつられて笑顔になることができます。

笑うことで、免疫力の向上に繋がったり、新陳代謝が高まったり、横隔膜の動きも良くなるので消化が良くなるというメリットがあります。

また、日本のことわざにも「笑うかどには福来る」というものがありますが、笑うことは、気分を明るくしたり、リラックスする効果があります。笑顔には自分も他の人も幸せにする、素晴らしい力があるのです。

よく笑ってる人はあなたに幸せをもたらしてくれます。是非大切にしてあげてください。

大切にした方が良い人の特徴「空気読める人」

世の中には空気が読める人と読めない人がいますね。

一時期「KY」なんて言葉も流行りました。人間のちょっとした気持ちは、表情や言葉だけでなく、雰囲気にも表れます。それは目に見えなくて、聞こえない、「空気」です。

この空気を敏感に読み取ることができると、人間関係を臨機応変にできます。

少し暗い雰囲気だったらいつもより明るく振る舞い、ちょっと険悪な雰囲気だったら何とか場を和ませようとします。

このように、空気が読めるということは、状況を把握して、相手の心を上手に読み取ってくれることですので、一緒にいて心地良く感じることができるでしょう。

大切にした方が良い人の特徴「約束を守る人」

人間は、自分1人の力では生きていけません。必ず誰かと協力しながら生きています。そんな協力関係の背景には、信頼関係があります。

そして信頼関係を構築していく上で「約束を守ること」は必須であるのです。約束は、種類や内容にかかわらず、人との信頼関係に影響します。

例えば、約束の時間に平気で遅れたり、「ドタキャン」するようの人と付き合うと、自分の予定まで台無しになってしまいます。

さらには怒りや悲しみの感情が湧き上がり、大事な時間が無駄になってしまいます。

そのように平気で約束を破る人と付き合っていると、正直気持ちが良いものではなく、人に裏切られた気持ちになり、次第には人間不信になりかねません。

逆に約束を守ることができる人というのは、真面目で責任感が強い人ということです。そのような人とだったら厚い信頼関係を築くことができ、あなたの人生をより良いものにしてくれるでしょう。

https://risingwave.jp/business-skill/characteristics-of-people-who-are-good-at-language/

大切にした方が良い人の特徴「人の話をよく聞く人」

人の話を最後まで聞かなかったり、話を途中で遮られると、上の空で話を聞かれると、イラついたり不満に思いますよね。

人の話をよく聞かずに、会話がすれ違い、大きな問題に発展することはよくあることです。「こう言っていると思った」と、自分なりの解釈で動いてしまうと思わぬミスにつながることもあります。

しかし相手の話をちゃんと聞いていれば、わからないところは質問と確認をするので、そのような行き違いが生じにくいのです。

このように相手の話をよく聞いてくれる人とは、信頼関係を深めることができ、円滑に仕事を進めることができるようになります。

また、自分の悩みや考えをちゃんと聞いてくれる人が身近にいたら、その問題を解決に導いてくれることでしょう。

話しているうちに頭が整理されて答えが見えてにます。特に気の効いたアドバイスなど必要ありません。聞いてくれるだけで気分がすっきりするものなのです。

大切にした方が良い人の特徴「マウントを取らない人」

「マウントを取る」とは、自分の優位性を相手や周囲に示す行為を指します。自慢話や見下した物言いを頻繁にする人は、「マウントを取る」性格の人の可能性が高いです。

マウントを取る人の対処は、聞き流すことですが、会うたびに自慢されたり、露骨に見下された言い方をされると、強いストレスを感じてしまうでしょう。

マウントを取ることはその人の性格ですので、余程のことがないと変われません。いくらあなたが、変えようとしても、相手が変わってくれる期待は限りなく0に近いです。

できれば付き合う頻度を減らした方が精神衛生的によろしいでしょう。

大切にした方が良い人の特徴「何事も肯定から入る人」

人が話すことやることに対して、否定から入る人は意外と多いものです。否定的な意見が悪いとは言いませんが、否定ばかりだと、こちらのモチベーションも下がってしまいます。

逆に肯定的な意見は、自分も周りの人も明るくしてくれます。こちらの言うことに対して何事も肯定的に入っていてくれる人は、一緒にいて楽しくなります。

何事も肯定的な人は、あなたのことや人生や仕事など、良いところばかりに目を向けてくれます

きっとあなたに勇気と自信を与えてくれて、背中を押してくれる存在になってくれるでしょう。

大切にした方が良い人の特徴「陰口悪口を言わない人」

職場でも学校でもどんな環境でも陰口悪口を言う人はいます。

陰口悪口といったネガティブな感情を聞き続けると、
次第に聞いている方にもネガティブな思考の癖が蓄積されていきます。

また、「自分も陰で悪口を言われるのでは?」と疑心暗鬼になりストレスとなります。

うなずいたり、相づちを打ったりするだけでも、悪口を言った一員とみなされ、あなたの評価も下がったりしてしまいます。

その一方で人の悪口を全く言わない人も存在します。

悪口を言わない人と話すと会話の内容が自然とポジティブな内容となるので、あなたに与える影響もポジティブなものになるでしょう。

大切にした方が良い人の特徴「すぐ不機嫌にならない人」

職場でも学校でもすぐに不機嫌になってしまう人はいると思います。

せっかくの楽しい時間が理由もなく不機嫌になってしまう人のせいで、台無しになってしまうこともありますよね。

実は不機嫌な人がいると、周りにもその不機嫌が伝染してしまいます。感情が伝染すること「ミラーニューロン」をといい、科学的にも実証されています。

ミラーニューロンは、他人の行動を見て、まるで「鏡」のように自身が同じ行動をとっているかのように反応をすることから名付けられました。

不機嫌な人がそばにいるだけで、自分にもストレスが伝染してしまいます。会話をせずとも感情は伝染してしまいます。すぐに不機嫌になるような人とは、距離を置いた方が良いでしょう。

大切にした方が良い人の特徴「情熱をもって取り組める人」

ネガティブな感情は周りに伝染させてしまいますが、もちろんポジティブな感情も伝染させることはできます。

情熱と活力をもって仕事や勉強に打ち込むことができる人は、そのポジティブな感情を、周りの人たちにも影響を与え、元気にさせることができます。

短期間で業績を伸ばすベンチャー企業などでよく見られることですが、職場のトップが情熱を持って会社の利益向上に取り組んでいるならば、そのポジティブなエネルギーがチーム全体に伝わり、チーム一丸で高い目標に取り組むことができるのです。

もし身の周りに情熱的な人がいるならば、その人はあなたにも情熱を分け与えてくれますよ。

大切にした方が良い人の特徴「ピンチをチャンスに変える人」

世の成功者に共通することとして、彼らはいくつもの苦労やピンチを乗り超えているという点です。つまり逆境に強いということです。

逆境に強いタイプの人は社会的に成功しやすいので、そのような人材がいたら決して手放さず、大事に扱いましょう。

大切にした方が良い人の特徴「つらい時に側にいてくれた人」

自分がつらい時にそばにいてくれた人は一生大切にしましょう。

人間とは現金なもので、お金回りがいい時は周りに人が集まってきます。しかし、調子が悪くなってお金がなくなると周りから人が離れていく。

悲しいけど人間とはそうゆう生き物なんですね。女性であれば身体や若さだけを目的に近寄ってくる男性も少なくありません

逆に辛い時にそばにいてくれた人は、あなたが何者であるかを全く気にしていないということです。

地位や名誉、収入には興味がなくあなたに興味があるということです。あなたのありのままを認めてくれているのです。

辛い時に簡単に離れていく人というのはそれまでの仲ということです。苦しいときもそばにいてくれるのは、本気であなたを大切に思っている証拠です。

人が窮地に陥っている時、対等に付き合ってくれるような人間は真の友人でもあると言えます。

それが異性ならば生涯のパートナーである可能性が高いとも言えるでしょう。是非一生大切にしてあげてください。

【まとめ】大切にした方が良い人の特徴

大切にした方が良い人の特徴をまとめてみました。あなたの周りに当てはまるような人はいましたか?

大切にした方が良い人の特徴

・よく笑う人
・空気読める人
・約束を守る人
・人の話をよく聞く人
・マウントを取らない人
・何事も肯定から入る人
・陰口悪口を言わない人
・すぐ不機嫌にならない人
・情熱をもって取り組める人
・ピンチをチャンスに変える人
・つらい時に側にいてくれた人

もしいたならば、その人を大切してあげてください。その人はきっとあなたを成長させ、人生を豊かなものにしてくれるはずですよ。

ABOUT ME
mikage
mikageです!これまでの経験をもとにブログを書いています!事業会社でWebマーケティングしています!