ビジネススキル

今の若い子が働きたい会社

今の若い子が働きたい会社


今の若い子は、働きたい会社を選ぶ際に我々の従来の基準とは異なる要素を重視しています。

給与や福利厚生、会社の知名度だけでなく、自己成長の機会やワークライフバランスなど、より豊かな働き方を求めています。

この記事では、「今の若い子が働きたい会社」というテーマに焦点を当て、彼らが求める理想的な職場環境や価値観について探っていきます。

今の若い子が働きたい会社「リモートワーク中心」

2019年の新型コロナウイルス流行を皮切りに、自宅や旅行先で仕事をするリモートワークという働き方が定着しました。

通勤中心の働き方に対して、リモートワーク中心の働き方はメリットがたくさんあります

ひとつは、通勤時間を削減できるということです。

通勤時間の全国平均は一日当たり往復で1時間19分といわれています。

会社に出社する生活を一週間するだけで、約400分が満員電車や車の運転に奪われていることがわかります。

これだけ時間があれば、すべての時間を2か月ほどTOEICの勉強にあて、TOEICのスコアを100点上げる目標も夢ではありません。

これからどのように世の中が変化していくか分からない中、若い子は若いうちから自分のスキルを伸ばそうという傾向にあります。

このようにリモートワークにすることで、通勤時間を自己研鑽の時間に変えることができるのですから、出勤スタイルとリモートワークスタイルを比べてしまうとリモートワーク中心の生活が良いと答えるでしょう。

また、リモートワークは働き方の多様性を促進します。若者たちは自由な発想や創造性を活かせる環境を求めており、オフィスの制約に縛られることなく、自分が最も集中できる場所で仕事を進めることができます。

これにより、より多様なアイデアや解決策が生まれ、会社全体のイノベーションにつながるのです。

今の若い子が働きたい会社「強制参加のイベントがない」


会社のイベントといえば、飲み会やお花見、忘年会、社員旅行などがあります。昔は、交流を深めるために重要なイベントでしたが、若い子はそれに参加したくないと考えています。

社内イベントはプライベートの時間が奪われてしまうからです。

時間が奪われるどころか、たいして仲もよくない職場の人といるためにお金を払わなくてはいけないという考えです。

飲み会も安くて1回3,000円、塵も積もれば何万円とお金が飛んでしまいます。それならば、同じ時間とお金で仲の良い友達と遊びたいという気持ちが大きいのでしょう。

一番嫌な強制参加のイベントといえば社員旅行です。旅行となってしまうと、1日2日と時間を拘束され、寝床につくまで会社の人と一緒にいなければなりません。

常に自分の目上の人がいるわけですから、気を遣って疲れますし、団体での行動となるので自由もありません。もっと楽しい旅行を自分で組めるのに、これによって土日のプライベートな時間がつぶれてしまうのです。

また、若者たちは自己責任や自己管理の意識が高く、自分自身で仕事の進め方や時間の使い方をコントロールしたいと考えています。

強制参加のイベントがあると、自分のスケジュールや優先順位を自由に調整できなくなり、自己の能力や効率性を最大限に発揮することが難しくなると感じるのです。

そのため、自己の裁量でイベントへの参加を選択できる柔軟性が求められています。

強制参加のイベントがなくても、職場の雰囲気が良ければ仕事上の雑談で十分同僚と親睦を深めることは可能です。また、イベントに参加したい人は参加するのですから、強制の必要性もありません。

今の若い子が働きたい会社「残業は少なめで残業代は付く」


今の若い子は、残業は少なめで残業代は付く会社、つまり固定残業手当がない会社を求めています。

固定残業手当がある会社はハードな働き方をするイメージが強く、買い切りでプライベートの時間を奪われているような感覚があるためです。

Z世代はタイパ(タイムパフォーマンス)を好むといいますが、固定残業手当はそれに逆行しています。睡眠や友人との遊び、家族との団らんといった、プライベートの時間を一定額で買い取られてしまうのです。

本来は「残業は所定労働時間を超えておこなった労働」です。残業が多いということは、上司や会社の業務処理能力が低く、適切な人員に適切な業務量を与えていることができないという考えを若い子は持っています。

そのような無能な会社のもとでは働きたくないのです。

また、残業が発生した場合でも、それに見合った残業代が支給される環境も重要です。

若者たちは自身の労働に対する適正な報酬を求めており、過重な労働に対しては適切な補償があることを望んでいます

残業代が付く制度があることで、若い子は適正な報酬を受け取り、モチベーションを維持することができます。

今の若い子が働きたい会社「体育系な組織ではない」


体育系の会社の特徴として、スポーツの団体経験から、上下関係に厳しい、根性や気合といった精神論、体力勝負といったものが挙げられます。

上下関係は必要なものですが、過度な上下関係は上司や先輩に対して萎縮しか生みません。

上下関係がいきすぎると「若いから」という理由だけで若手が常に雑用をやる羽目になり本筋の仕事ができないといった事態や、上も怒鳴ればなんとかなると思ってしまうのでパワハラを生みがちです。

根性や気合といった精神論は効率重視の若い子からすると、長時間残業を生む悪しき習慣のように感じます。体力勝負も同様です。

体育系の社員には、サッカーやラグビーといった部活から入社する学閥入社も、大手企業にはたくさんあります。

仕事の能力で見られるのではなく、コミュニケーションの慣れや、学生時代にいたコミュニティーの影響で昇進が早くなる傾向にあります。

仕事を結果で評価してほしい若い子はプロセスやコミュニケーションで評価されると感じると辛いものがあるのです。

今の若い子が働きたい会社「会社の知名度やブランドはなくてもいい」


近年の若者の就職志向は、かつてと比べて大きく変化しています。

以前は、一流企業や有名ブランドの下で働くことがステータスや安定感を得る方法とされていました。しかし、今の若い世代は、会社の知名度やブランドにこだわらず、他の要素を重視する傾向があります。

一つの理由は、情報の容易な入手性と相まって、新興企業やスタートアップ企業の存在が広まったことです。インターネットやソーシャルメディアの普及により、若者は多様な企業の情報を簡単に入手できるようになりました。

その結果、知名度やブランドだけでなく、企業の価値観やミッション、成長性などを重視するようになったのです。

若者たちが会社の知名度やブランドを重視しない理由のもう一つは、自己実現や意義の追求に重きを置く傾向が強まったことです。

彼らは単に給与や安定性だけでなく、自身の能力や才能を最大限に発揮できる環境を求めています。そうした視点からすると、知名度やブランドよりも、自分の成長や学びの機会が豊富な企業の方が魅力的に映るのです。

また、若者たちは現代の多様な働き方にも関心を抱いています。従来のような9-to-5の定時勤務や上下関係の厳格な組織よりも、柔軟な労働時間やフラットな組織文化を持つ企業を好む傾向があります。

そのため、知名度やブランドだけでなく、働く環境や文化も重要な要素として注目されているのです。

今の若い子が働きたい会社「有給はほぼ消化できて取得しやすい」


若い世代が働きたい会社を選ぶ上で重要視している要素の一つは、有給休暇をほぼ消化できて取得しやすい環境です。

かつては、有給休暇を全て利用できずに終わるケースが多く見られましたが、現代の若者たちは、仕事とプライベートのバランスを取りながら、有給休暇を充実させることを望んでいます。

有給休暇をほぼ消化できるという意味は、休暇制度が充実していることや、職場の文化が働き手の休暇を尊重し、サポートしていることを指します。

若者たちは仕事とプライベートのバランスを取ることを重視しており、疲労の蓄積やメンタルヘルスの維持のために休暇を必要としています。

有給休暇がほぼ消化できる環境では、労働者が休暇を取得しやすく、リフレッシュすることができるのです。

また、若者たちは自己の働き方や時間管理に対する意識が高いです。

彼らは自己のスケジュールを柔軟に調整し、効率的に仕事をこなすことを重視しています。

有給休暇を取得しやすい環境では、リフレッシュやリラックスの時間を確保することができ、仕事に対するモチベーションや生産性の向上につながります。

今の若い子が働きたい会社「管理職にならなくても給料上がる評価制度」


従来のキャリアパスでは、昇進や管理職への昇格が給与の上昇に直結していましたが、現代の若者たちは異なる価値観を持ち、個人の成果や能力に基づく公正な評価制度を求めています。

この評価制度では、単に役職や管理職になることによって給与が上がるのではなく、個人の実績や成果、スキル、貢献度などが評価の基準となります。

若者たちは自己成長や能力の向上に注力し、結果を出すことで報酬を得る機会を重視しているからです。管理職にならなくても、能力や実績に応じて給与が上昇することで、モチベーションや成長意欲が高まります。

この評価制度の導入には、明確な目標設定や評価基準、透明性が重要です。若者たちは具体的な目標に向かって取り組み、自分の成果を評価されることで意義や充実感を感じることができます。

また、評価プロセスが透明で公正であることも重要です。明確なフィードバックや評価結果の共有によって、働く人々は自身の強みや改善点を把握し、自己成長を促すことができます。

この評価制度の導入により、若者たちは個人の能力や成果に応じた評価と報酬体系を求めています。

彼らは自己のスキルや成果を発揮し、給与や報酬を上げることで、キャリアの成長や生活の質を向上させたいと考えています。

そのため、単に役職や管理職になることだけでなく、自身の実績や成果を評価して報酬が増える評価制度が重要視されているのです。

【まとめ】今の若い子が働きたい会社」


従来の価値観とは違う、「今の若い子が会社」の特徴についてまとめてみました。

ぜひ、職場の若い子と接するときの参考にしてみてください。

ABOUT ME
mikage
mikageです!これまでの経験をもとにブログを書いています!事業会社でWebマーケティングしています!