ビジネススキル

40代でわかった最高な働き方

40代でわかった最高な働き方


今日は、私がこの年代になって気づいた最高な働き方についてお話ししたいと思います。私は長年、サラリーマンとして働いてきましたが、いつもストレスや不満を感じていました。

仕事が楽しくない、やりがいがない、自分の時間がない、という思いが常にありました。
ですが今では、これから述べるポイントを意識することで仕事もプライベートも充実しています。

40代でわかった最高な働き方「休みは仕事しない」


私は以前、休日や夜遅くまで仕事をしていました。仕事が多くて終わらないという理由もありましたが、それ以上に、仕事をしないと罪悪感を覚えるという気持ちがありました。

私は自分に厳しく、常に効率や成果を求めていました。しかし、それは私の心身に大きな負担をかけていました。

私は疲れやすくなり、集中力や創造力も低下しました。また、家族や友人との関係も悪化しました。

私は自分の人生を楽しんでいなかったのです。そこで、私はある決断をしました。

それは、「休みは仕事しない」ということです。私は休日や夜間は仕事のメールや電話に応答しないようにしました。

また、自分の好きなことをする時間を作りました。例えば、読書や映画鑑賞、散歩やジョギングなどです。

すると、私は驚くほどリラックスできるようになりました。私の心も体も元気になりました。

そして、仕事に対するモチベーションやパフォーマンスも向上しました。

私は気づきました。「休みは仕事しない」ということが、実は仕事にとってもプラスになるということを。

40代でわかった最高な働き方「睡眠は最優先」


私は以前、睡眠時間を削って仕事をしていました。

仕事が忙しかったり、締め切りが迫っていたりすると、つい夜更かししてしまう癖がありました。

また、朝早く起きて仕事を始めることもありました。私は睡眠時間を犠牲にしてでも仕事をすることが正しいと思っていました。

しかし、それは大きな間違いでした。睡眠不足は私の健康や能力に悪影響を及ぼしていました。

私は頭痛や肩こりに悩まされるようになりました。また、記憶力や判断力も低下しました。

仕事にかかる時間も長くなり、ミスも増えました。私は自分の能力を低下させていたのです。

そこで、私はある決断をしました。それは、「睡眠は最優先」ということです。

私は睡眠時間を確保するために、仕事のスケジュールや優先順位を見直しまし、寝る前にはリラックスできる習慣を取り入れました。

例えば、入浴や瞑想、アロマテラピーなどです。すると、私は深く快適な睡眠をとることができるようになりました。

私の体調や気分も良くなりました。そして、仕事に対する集中力やクオリティも高まりました。

睡眠は最優先というのも、私にとって最高な働き方の一つです。

40代でわかった最高な働き方「人との出逢いを楽しむ」


私は仕事を通じてたくさんの人と出逢ってきました。

クライアントや取材先の方、同業者や読者の方など、様々な立場や背景の人と関わることができました。

その中には、私の人生に大きな影響を与えてくれた人もいます。例えば、私が初めて取材した社長さんは、私にとっての師匠のような存在です。

彼は自分の夢を追い続ける情熱的な人で、私にも色々なアドバイスをしてくれました。彼と出逢ってから、私は自分のやりたいことにもっと挑戦しようと思うようになりました。

また、私が書いた記事を読んでくれた方からの感想も、私にとって大切なものです。

記事を読んでくれた方が、何かを感じたり考えたり行動したりするきっかけになったら、それは私にとって最高の喜びです。

読者の方からのメッセージやコメントを読むたびに、私は書くことの意味を感じます。

人との出逢いは、私に仕事のモチベーションやインスピレーションを与えてくれます。

だからこそ、私は仕事を通じて人と関わることを楽しみにしています。

40代でわかった最高な働き方「環境は自分で選ぶ」


私はフリーランスライターとして働いていますが、それは自分で選んだ働き方です。

私は以前、会社員として働いていましたが、その時は自分の時間や場所やペースが制限されていました。

会社のルールや上司の指示に従わなければならず、自分の意見や感情を表現することも難しかったです。

しかし、フリーランスライターになってからは、自分で仕事の内容や量や期限を決めることができます。

また、自分が好きな場所や時間に仕事をすることもできます。私は自宅で仕事をすることもありますが、時々カフェや図書館や公園などに出かけて仕事をすることもあります。

気分や状況に合わせて環境を変えることで、仕事の効率やクオリティも上がります。

自分で環境を選ぶことは、自分の心や体にも優しいです。ストレスや疲労が溜まりにくくなりますし、自分のペースで休憩やリフレッシュもできます。

自分で環境を選ぶことで、仕事だけでなくプライベートも充実させることができます。

40代でわかった最高な働き方「収入は給料以外で増やす」


まず、収入は給料以外で増やすことが重要だと思います。私は、給料だけでは将来の不安や夢を叶えることが難しいと感じていました。

そこで、私は投資に興味を持ち始めました。投資というと難しそうに感じるかもしれませんが、実はそんなに難しくありません。

私は、インターネットで情報を集めたり、本を読んだり、友人や専門家に相談したりして、自分なりの投資スタイルを確立しました。

私は、株式や仮想通貨などのリスクの高いものから、不動産や国債などのリスクの低いものまで、幅広く投資しています。

投資のメリットは、収入源が増えることだけではありません。投資をすることで、経済や社会の動向に敏感になったり、自分の価値観や目標を明確にしたりすることもできます。
投資は、自分の人生を豊かにするツールだと思います。

40代でわかった最高な働き方「自分を磨く場所にする」


私は40代になってから、フリーランスライターになりました。これは、自分の好きなことを仕事にするという夢を叶えるための決断でした。

私は金融や投資に関する記事を書くことが好きでしたが、会社員時代はその時間がありませんでした。

そこで、勇気を出して会社を辞めて、フリーランスライターとして独立しました。

フリーランスライターになることで、自分の時間や場所を自由に選ぶことができるようになりました。

また、自分の興味や得意分野に沿って記事を書くことができるようになりました。

私は主に金融や投資に関する記事を書いていますが、それだけではありません。時々、仮想通貨や不動産投資などの新しい分野にも挑戦しています。

これは、自分の知識を広げるとともに、読者のニーズに応えるためです。

フリーランスライターとして、常に最新の情報やトレンドに敏感であることが求められます。

そのため、私は毎日、インターネットや書籍などで勉強をしています。これは、自分を磨くための時間だと思っています。

40代でわかった最高な働き方「仕事以外も楽しむ」


フリーランスになってから、私は仕事以外のことにも興味を持つようになりました。以前は、仕事が終わったら家に帰ってテレビを見たり寝たりするだけでした。

しかし、今は趣味や勉強や旅行など、自分の好きなことをする時間を大切にしています。仕事以外のことを楽しむことで、私は心身ともにリフレッシュできます。

また、新しい発見や刺激を得ることで、仕事にも活かせるアイデアや知識が増えます。仕事以外も楽しむことで、私は仕事の質や効率も向上させることができました。

40代でわかった最高な働き方「出勤前に好きな事をする」


フリーランスになってから、私は出勤前に好きなことをする習慣をつけました。以前は、朝起きてから急いで準備して出社するだけでした。

しかし、今は朝早く起きて、散歩したり本を読んだり瞑想したりします。出勤前に好きなことをすることで、私は一日の始まりをポジティブに迎えることができます。

また、自分の時間を確保することで、自分の気持ちや目標に向き合うことができます。

出勤前に好きなことをすることで、私は一日中集中力やモチベーションを保つことができました。

40代でわかった最高な働き方「受動的な無理はしない」


受動的な無理とは、自分の意思や能力に関係なく、他人から押し付けられる無理のことです。

例えば、納期が厳しいプロジェクトを断れない、上司やクライアントの要望に応えられない、自分の得意分野以外の仕事を引き受けるなどです。

私は以前、このような受動的な無理によってストレスを溜めてしまい、体調を崩したことがあります。

それ以来、私は自分の限界を知り、自分の意見をしっかり伝えるように心がけています。
もちろん、仕事は柔軟に対応する必要がありますが、それは自分の主体性や責任感に基づいて行うべきだと思います。

受動的な無理は、自分の能力や価値を低く見せるだけでなく、仕事の質やモチベーションも下げてしまいます。

だからこそ、私は40代になってからは、「受動的な無理はしない」という姿勢を貫いています。

40代でわかった最高な働き方「健康が一番大事」


もう一つの大切にしていることは、「健康が一番大事」ということです。私はフリーランスとして働いているので、自分の時間や場所を自由に選べます。

しかし、それは同時に自分の体調や環境に気を付ける必要があるということでもあります。

私は以前、仕事に夢中になってしまい、睡眠不足や運動不足に陥ったことがあります。

その結果、集中力や創造力が低下し、仕事のパフォーマンスも落ちてしまいました。

それ以来、私は毎日8時間以上の睡眠を取り、朝食をしっかり食べ、適度な運動をするようにしています。

また、仕事中も休憩を取り、目や首のストレッチをしたり、水分補給をしたりしています。

これらの習慣は私の健康だけでなく、仕事の効率やクオリティも向上させてくれました。
だからこそ、私は40代になってからは、「健康が一番大事」ということを忘れずに生活しています。

【まとめ】40代でわかった最高な働き方。


以上、私が40代でわかった最高な働き方です。

もちろん、これらは私個人の考え方であり、他の人に当てはまるとは限りません。

しかし、私はこの働き方によって、仕事に対するやりがいや楽しさを感じることができています。

皆さんも、自分に合った最高な働き方を見つけてみてはいかがでしょうか?

ABOUT ME
mikage
mikageです!これまでの経験をもとにブログを書いています!事業会社でWebマーケティングしています!