ビジネススキル

【器の大きい人の特徴】器の大きい人の特徴とは?

【器の大きい人の特徴】器の大きい人の特徴とは?

あなたは「器の大きい人」と聞くと、どんなイメージを思い浮かべますか?

・上司や部下からも頼りがいがあると信頼されている
・包容力がある
・社会的に成功している
・行動力がある
・いつも余裕がある
・ちょっとしたことでは動じない人

人によってイメージは様々であると思いますが、きっと良いイメージがあると思います。
逆に「器の小さい人」には、

・すぐ怒る
・ケチ
・人によって態度を変える
・自慢話が多い
・悪口が多い
・自分の非を認めないなど

ネガティブなイメージがつきまといますね。

それでも、忙しくストレスある日々送っていると、心に余裕が無くなり他人を許せなくなってしまったり、些細なことにイライラしたりと、器が小さくなってしまうことはあります。

そして、そんな自分を後々後悔をしてしまい、自分に対して嫌気がさしてしまうこともあると思います。

「器の小さい人」よりも「器の大きい人」の方が、仕事でも恋愛でも、周りに人が寄ってきます。良好な人間関係を築き、豊かな人生を送りたいなら、器の大きい人になりましょう。

今回は、器の大きい人の特徴を紹介していこうと思います!

些細なことで怒ってしまう、周りに優しくできないと自分の器の小ささに悩んでる人は是非参考にしてみてください。

器の大きい人の特徴を知ることで、自身も感情的にならず、穏やかに過ごせるヒントが見つかるかもしれません。

【器の大きい人の特徴】自分の誤りを認められる

人間誰でも間違いはあります。しかし、自分の間違いを潔く認めることって、簡単そうでなかなかできないことなんです。

器が小さい人ほど、意固地になって自分の間違い認めようとはしないものです。

言い訳が多く、他人の責任にします。妙にプライドが高く、自分の非を認めてしまうと負けたような気持ちになってしまうからです。

でも、器の大きい人は自分が間違いや失敗をしてしまった時に、潔く自分の非を認めます。言い訳などせず、素直に謝罪します。

自分の間違いだと受け入れて、決して他人に責任を押し付けるようなことはしません。

器の大きい人は、自分が間違ったときにはその非を認め、きちんと謝ることができます。なぜ間違えたか原因を探り、改善していくことが大切だと考えているからです。

嫌いな人を気にしない方法嫌いな人を気にしない方法 人間誰しも1人は身近に嫌いな人や苦手な人がいるものです。 学校や職場に行けば、考え方、価値観、趣味趣向などが...

【器の大きい人の特徴】他人のミスを許せる

器が大きい人は、自分のミスを認めることができるのはもちろん、他人のミスも許すことができます。

決して他人を責めたりはせず、状況を細かく聞いて一緒に打開策を考えてくれます。

器の大きい人は、自分に厳しく他人に甘いので、他人の失敗を許すことができるのです。

一方、器の小さい人は、他人に厳しく自分に甘いものです。他人のミスに巻き込まれるのが嫌で、文句ばかり言います。

器の大きい人は

「そういうときもあるよ」
「自分もこんなミスをしたことがあるよ」

とフォローも忘れません。そのため部下も後輩からも好かれます。このような器の大きな人には誰もが付いていこうと思いますよね。

嫌いな人を気にしない方法嫌いな人を気にしない方法 人間誰しも1人は身近に嫌いな人や苦手な人がいるものです。 学校や職場に行けば、考え方、価値観、趣味趣向などが...

【器の大きい人の特徴】感情のコントロールができる

感情をうまくコントロールできることも、器が大きい人の特徴のひとつと言えます。

器が大きい人は、感情の波があっても感情を上手くコントロールし冷静に対応することができます。

仕事が上手くいかない時、プライベートで彼女と喧嘩した時など、誰しも感情的になってしまうあります。

そんな時にも、冷静になって、周囲に感情的に当たらないようにできることが器の大きい人なのです。

また、トラブルが発生しても取り乱すことなく、冷静に状況を把握して的確な対処できます。もちろん対応後のフォローにも抜かりはありません。

どんなときでも落ち着いているため、大人の魅力に溢れています。異性として魅力に感じることはもちろん、職場でも頼れる存在として一目置かれています。

【自己肯定感を高めたい!】自己肯定感高めるために必要なこと【自己肯定感を高めたい!】自己肯定感高めるために必要なこと 自己肯定感とは、 「自分の存在には価値がある」 「ありのままの自分を好意的...

【器の大きい人の特徴】褒めるのが上手い

器の大きい人は褒め上手でもあります。器が大きい人は他人の長所を見つけるのが得意であり、簡単な事務仕事や表作成でも、これは良い思った時には積極的に褒めます。

これは、他人の能力を妬むことがなく、相手を受け入れる度量があるからこそできるのです。

自然と相手の良いところに目が行くために、お世辞ではなく素直に褒めることができます。

お世辞ではなく本心から思った言葉のため、褒められた方も自然と嬉しくなります。周りと良好な関係を築くことができるのです。

さらに他人の長所を認めることができるなら、自分も負けじと努力したくなるため、仕事できっちり成果を出すことにつながるのでしょう。

社会人になりたての頃から知っておきたかったこと社会人になりたての頃から知っておきたかったこと 新卒入社で企業に就職し、新社会人として第一歩を踏み出すと、新しい環境や自分の可能性に期...

【器の大きい人の特徴】自分の言葉に責任を持つ

器の大きい人は、自分の言葉に責任を持ちます。一度言った言葉を裏切る様な行動はしません。常に言動を一致させています。

自分の言葉にも行動にも責任を持って動いていると、今まで曇っていた物事の見方が、はっきり見えるようになります。自分に自信をつけるためにも、しっかり責任を持つことが大切なのです。

一度決断し口にした発言と貫く姿勢は、もしそれで失敗をしたとしても、その結果に対しても責任を持ち、最善の解決策を探します。

このように自分の言ったことに責任を持てる人は、失敗しても信用を失うことはないでしょう。これは、ころころ意見が変わる政治家が信用できないのを見ればわかることですね。

また、自分の発言に責任を負うことを意識すると、愚痴や悪口が減ります。愚痴や悪口を言うことは、いつか自分に返ってきて、自分の価値を下げてしまうことを理解しているのです。

【人生が上向く習慣】人生が上向く習慣についてまとめてみた【人生が上向く習慣】人生が上向く習慣についてまとめてみた 皆さん、2021年の年明けに立てた目標は今も継続中でしょうか?最初はやる気があ...

【器の大きい人の特徴】怒りを優しさで表現する

誰でも毎日、大なり小なり「怒り」を感じることはあると思います。怒りを感じることは普通のことです。

しかし、その怒りの気持ちを周囲にぶつけるのは良くありません。

怒りの気持ちに任せて、感じ悪く反応する、威嚇や攻撃的な態度を取る、物に当たるなど怒りの表現は、器の小さい人間のやることです。

器の大きい人は、怒りの気持ちを、できるだけ別の表現に言い換えるのが上手です。

例えば待ち合わせに遅刻してきた相手に、「遅刻はいけない」と怒るのではなく、「本を読む時間ができた。ありがとう」などと声をかけることができます。

怒りに身を任せていても、何一つ良いことがないことがわかっているのです。

考えると損すること。考えると損するこを考えても時間の無駄です。考えると損すること。考えると損するこを考えても時間の無駄です。 「なんであんなことを言ってしまったんだろう」 「もっといい方法は...

【器の大きい人の特徴】他人の言葉を否定しない

器の小さい人は、相手の意見をすぐに否定します。「それはダメ」だと、相手の意見を頭ごなしに否定するため、周囲とぶつかり感情的な話し合いになってしまいます。

また、どうせ否定されるからと、周りも意見を言いづらくなってしまうでしょう。

器の大きい人は、懐が広く相手の気持ちを汲み取ることができます。そのため、基本的に他人の考えや価値観などを否定することはありません。

仮に相手がどんなに変なことを言っていたとしても、それが部下であろう嫌いな人であろうと、対極の意見であろうと、言い返したり否定はしません。

ちゃんと耳を傾け、「なるほど、そういう意見もあるな」まずは一旦それを受け止めます。

意見してくれた事に感謝し、最大限に活かそうとしてくれるので、活発な意見の交換ができ、斬新なアイデアが生まれたりもするのです。

【仕事ができるアメリカ人上司】超絶できるアメリカ人上司達に共通していたこと【仕事ができるアメリカ人上司】超絶できるアメリカ人上司達に共通していたこと 何度か転職をしたのですが、その中でも海外の方、特にアメリカ人...

【器の大きい人の特徴】穏やかで余裕がありポジティブ

器が大きい人は、何事にも寛大で、いつも穏やかです。

例えば職場に器の小さな上司がいた場合、些細なミスであってもガミガミと怒られてしまうでしょう。

怒られている方は落ち込むし、聞いていて周りも良い気分にはなりません。職場の雰囲気が悪くなりますね。

そんな器の小さい上司のいる職場では、ストレスが溜まり、部下もすぐに辞めてしまうかもしれません。

逆に器大きい上司であるならば、ミスをしてしまっても、感情的に怒り出す事はしないです。

もちろん注意されることはあるでしょうが、職場の雰囲気を険悪にさせてしまうようなことはありません。

そのため、職場の雰囲気がとてもよく、部下たちのモチベーションも上がります。上司のことを悪くいう部下もいないでしょう。

このように器の大きい人が常に穏やかでいれるのは、基本的に何事に対しても余裕があるからです。

部下がミスを犯した時のために、幾つもの解決策を考えているからこそ、心に余裕を持つことができ、どんと構えていられるのです。

器の大きい人は、余裕は力になると考えています。少し余裕を持って行動すると、余裕無く仕事に取り組んでいる人と圧倒的な差が生まれることを知っているのです。

そのため、ほかの人より早く出社します。読書で脳をリフレッシュさせたり、新聞を読んだり、仕事を早めに手を付けたりと、余裕を感じて1日をスタートさせるのです。

そして余裕があるからこそ、他人にやさしく接することができるのです。

そして器の大きい人の特徴として、非常にポジティブシンキングであることがあげられます。例えば相手を嫌いになりそうな時は、相手の良いところを探す。

相手の欠点さえも長所と捉えて活かそうとする。困難に直面した時はどうすれば乗り越えられるかを考えるといった具合です。

ネガティブに考えることは心に余裕が生まれません。何事も「きっと上手くいく」と信じることで心に余裕が生まれ、器が大きくなっていくのです。

筋トレでビジネスが加速!?筋トレと仕事の相乗効果が凄い!筋トレでビジネスが加速!?筋トレと仕事の相乗効果が凄い! 経済界のトップに立つ人や、会社の社長たちが筋トレを日課にしているというのは有名...

【まとめ】器の大きい人の特徴

器の大きい人の特徴を紹介しました。あなたはどれだけ当てはまっていましたか?

器の大きい人の特徴

・自分の誤りを認められる
・他人のミスを許せる
・感情のコントロールができる
・褒めるのが上手い
・自分の言葉に責任を持つ
・怒りを優しさで表現する
・他人の言葉を否定しない
・穏やかで余裕がありポジティブ

器が大きい人は、ビジネスシーンでは「できる人」と一目置かれます。周りから頼られたり認められやすいので、出世も早く、当然収入も上がります。

プライベートでは魅力的な人に映るので色々な人から好かれます。他人から接しやすい人の特徴とも考えることができますね。

あなたもぜひ「器の大きな人」になることを目指して、日常生活を過ごしてみてください。

ABOUT ME
アバター
mikage
mikageです!これまでの経験をもとにブログを書いています!事業会社でWebマーケティングしています!