ビジネススキル

【ブラック企業の見分け方】数回転職してわかった「ブラック企業の見分け方」

【ブラック企業の見分け方】数回転職してわかった「ブラック企業の見分け方」

仕事を見つけたり、転職したりしようとしている人は誰でも、ブラック企業で仕事を見つけたくないと思っています。この記事では、ブラック企業の特徴とその区別方法について説明します。

ここに記載されている特性を満たしているからといって、それがブラック企業であるとは限りません。それを「ブラック企業の多くの特徴の1つ」と考えてください。

・非常に長い労働時間と労働者の適当な配置
・無給の残業やパワーハラスメントなど、会社全体のコンプライアンス意識が低い。
・こういう状況で、選択する労働者が多すぎます

ブラック企業を特定するための情報を収集する方法を紹介します。

四半期ごとの求人検索レポートとハローワークを利用することで、企業情報を非常にうまく収集できます。

四半期ごとの求人検索レポートでデータを収集しましょう

毎年11月頃、東洋経済新報社が発行する「求人応募四半期」は、3年後の離職率、平均勤務時間、平均月間残業時間など、会社の採用活動に役立たない場合があります。情報も公開されています。

個人の求人広告とは異なり、この本は中立的な立場で書かれています。

興味のある会社を見つけたら、「四半期ごとの求人応募」のデータを確認してください。

3年後の離職率の高い企業に注目

四半期ごとの就職活動で最初に確認するのは、3年後の離職率です。

労働時間や賃金などの労働条件が悪い企業は、離職率が高くなる傾向があります。解約率を示さない企業は、解約率が高すぎると考えて発表したくない場合がありますので、ご注意ください。

厚生労働省の調査によると、2016年の大卒3年生の離職率は32.0%でした。離職率がこれより高い場合、それはブラック企業である可能性があります。

「平均的」残業は良い指標ではありません

平均残業はそれほど重要な指標ではありません。

これは、時間外労働は仕事の種類、性別、年齢によって大きく異なる可能性があるためです。特に若い世代や20代、30代の男性の場合、残業は平均より長くなることが多いです。
また、フルタイムで働く企業は、実際の労働時間に関係なく賃金が固定されているため、残業の概念はありません。

したがって、残業時間がゼロであっても、実際には長時間の作業が必要になる可能性があります。

公共職業安定所の求人に関する詳細情報を収集する

別のオプションは、「ハローワーク」ワークリストをチェックしてブラック企業を特定することです。

ハローワークリストは、プライベートワークのウェブサイトでは入手できない情報を提供する場合があります。

例えば、「初任給」欄には、基本給と各種手当の内訳が記載されており、残業代の有無を確認することができます。

同様に、組合のない会社はブラック企業かもしれませんが、ハローワークの求人は組合があるかどうかも指定します。

口コミコミュニケーションサイトを活用する

これまでのところ、ブラック企業の特徴があるかどうかを確認するには、口コミ通信Webサイトを参照することをお勧めします。情報が間違っている場合もありますが、口コミで社員の声が聞こえるので、会社で働いていると想像しやすくなります。

この記事で説明されているブラック企業の特徴に気付いた場合は、企業名で情報を検索してみてください。

「特定の数を表示する」または「否定的な情報を含む」投稿は特に信頼できます。
また、一部のサイトでは、会社にとって不利な情報を削除しています。あなたの会社がポジティブなコンテンツしかない場合は、口コミを本当に信じたいかどうかを調べる必要があります。

【ブラック企業の見分け方】①常に急募求人が出てる

すぐ辞めて常に人手不足状態にある、これは要注意です。いつでも求人情報を掲載している企業にご注目ください。

求人広告は一年中掲載されています。これはブラック企業の典型的な特徴の一つであり、入社した人はすぐに退社しなければなりません。

おそらく、これらの企業は、「自分が何をしているのかわからない」、「他の企業と比較して、給与が非常に高い」など、さまざまな黒字の条件だけアピールしています。

誰かが入社しても、人が足りないので必ず退社すると思うのは当然です。

常に従業員を採用・追加している大企業は「絶対に存在しない」とは言えませんが、それは不可能です。書面による高レベルの証明書を簡単に取得できるとは思わないでください。

また、面接に行って求人に出ても、問題があると思ったら、落ち着いて断る勇気が必要です。

【ブラック企業の見分け方】②未経験歓迎・学歴不問

使い捨て採用のケースが多い。

若者を惹きつける企業には使い捨ての危険性もあります。一部の企業は、次の文言を通じて若者の採用を増やしようとしています。

「若者を積極的に採用します」
「頑張ればすぐに昇進します」
「年功序列の廃止」

若い人たちが活躍できる、活気に満ちた職場であり、経済も良いようです。

しかし、このような言葉の裏には、教育や支援なしに現場にほうり出されたり、大変な努力を強いられたり、不可能な場合には捨てられたりする可能性があります。

また、それなりの地位にいる人や年齢の人が辞職したり、若年層が定着しなかったりするなど、優秀な人材の離職率が高い可能性があります。

【ブラック企業の見分け方】③やる気ある人大歓迎

ノルマがキツ過ぎて異常な状態が想像できます。

求人リストでは、会社はさまざまな人目を引く言葉を使用して、良い人々を引き付けています。 そこに書かれているレトリックを鵜呑みするのは危険です。

求人情報での要チェックワード
夢、実現、成長、感情;努力、勇気、報酬、熱意、モチベーション、割り当てなし、獲得可能、居心地の良い職場

美しい言葉の背後には、ハードワークの危険性があります。「努力」または「勇気」を強調する企業は、厳しい割り当て制限の対象となる場合があります。

入社後は、この「スポーツ社会に根ざした精神」が勤勉の理由としてよく使われます。

「アットホームのような職場」では、少数の人が何でもこなす必要があり、私生活にも大きく影響します。

同族企業の場合、経営者の家族の倫理によって労働環境は大きく異なります。

【ブラック企業の見分け方】④残業なし・アットホーム

長時間労働(さらにプラス8時間も現実にあります)のアピールかもしれません。

能力ではなく「情熱」について話すことが多いので気を付けましょう。「若者が活躍できる」「熱狂的な職場」など、良さそうな企業には気をつけましょう。

ブラック企業は、実際の仕事について話すと応募者がこない可能性があるため、ごまかして不正行為をする傾向があります。

さらに、これらの企業は「学歴不問」または「実務経験不要」とごまかす場合があります。

ブラック企業はすぐに退社する人が多いので、あらゆる能力の人々を雇います。

また、「希望」「夢」「アットホーム」などの言葉にも注意が必要です。このような非現実的なフラッシュワードは、ハードワークを正当化するためによく使用されます。

労働条件の曖昧な説明

ブラック企業は労働条件の説明を曖昧にする傾向があります。

これは、特定の作業内容や労働時間を明らかにすると、悪い労働環境が明らかになるためです。労働条件や1ヶ月の残業時間についての話でもご注意ください。

【ブラック企業の見分け方】⑤給料が不自然に高い

見込み残業代含む賃金かもしれませんので、疑う必要があります。

給料が高すぎる/金額の幅が広すぎる

同じ業界の他の企業と比較して、高額の給与や多額の企業は注意が必要です。

ブラック企業は通常、高給ではなく、長時間労働などの過酷な労働条件を要求します。さらに、給与はそれほど高くはありません。高い割り当てに達することによってのみ、給与を高くしたり、残業と見なされる手当を含めることができます。

会社に応募する前に、必ず給与条件を読んで、同じ業界の他の会社と比較してください

【ブラック企業の見分け方】⑥夢や希望を掲げてる

宗教的洗脳型ノリがこの典型です。多くの精神的な理論と抽象的なごまかし表現があります。

ブリーフィングや面接で、根拠のない心理学理論や抽象表現がたくさんあると感じたら、これは注意すべきです。

ブラック企業は、仕事の厳しさや労働時間の長さを明らかにしたくないので、心の理論で不正行為をすることがあります。

平均勤続時間、月間労働時間などではなく、精神理論(「勇気」や「モチベーション」など)を不必要に話す会社に注意してください。

面接会場が豪華すぎる

ブラック企業は、ポジティブなイメージを確立し、人材を確保するために、不自然な高級ホテルでブリーフィングを開催することがあります。

会社の事務所で説明会を開くと、職場環境が悪いと言われるので、会場を借りなければならない状況もあるようです。

大企業向けのブリーフィングの場合、参加者が多いため、大規模な会場を借りることもありますが、企業の規模や売上規模に合わない場合はご注意ください。

役員のみが出席し、従業員は現場作業に参加していません

ブリーフィングには社長と他の幹部のみが出てきますのでご注意ください。

年齢構成には偏りがあり、長く勤めいる人がいないという事実は、高い離職率を意味する可能性があります。

【まとめ】ブラック企業の見分け方

ブラック企業は、年齢別のモデルの年収の説明をしません。ブラック企業は、求人広告で年齢層ごとの標準的な年収を開示しません。

初任給が高くても、ブラック企業は昇給が期待できないかもしれないので、長期的には高いとは言えません。したがって、モデルの年収を年齢層ごとに隠す傾向があります。

高い離職率

ブラック企業は離職率が高いという特徴があります。みんなすぐに辞めるのです。

良好な労働条件と強いコンプライアンス感により、職場や仕事内容に不満を感じにくく、離職率も非常に低いと強調しているのは要注意です。

残業とはみなされない

残業代を抑えるために悪用される可能性のある、残業制度を持っていることがよくあります。

また、残業が多く、残業も設定されていない場合が多いです。時間外労働の場合、残業代は1分単位で計算される場合があります。こんな場合でも最初2時間は残業にしないことも多いです。

残業中に上司が監視することは珍しくありません。これはブラック企業の典型的な状況です。

組合があるかどうかが一つのポイントです

組合がうまく機能している企業は通常、強い従業員と快適な労働環境を持っています。

従業員は労働環境や条件について交渉する機会があるため、悪化することはほとんどありません。

ブラック企業は通常、組合を持っておらず、組合があったとしても、正常に機能することはできません。その結果、管理が容易であっても、従業員は過酷な作業環境で作業する必要があります。

ブラック企業に限らず、騙し、詐欺、ごまかし、不正があらゆる分野あらゆる企業、そしてあらゆる局面で横行していますので、気を付けましょう。自分だけの判断だけでは危険なので、人に必ず相談しましょう。

ABOUT ME
アバター
mikage
mikageです!これまでの経験をもとにブログを書いています!事業会社でWebマーケティングしています!