ビジネススキル

ベンチャー企業で働いて思った。優秀な人の話し方

ベンチャー企業で働いて思った。優秀な人の話し方


ベンチャー企業で働くと、様々な人とコミュニケーションをとる機会があります。

クライアントやパートナー、投資家やメディアなど、相手によって話し方を変える必要があります。

しかし、どんな相手にも共通しているのは、話を聞いてもらうためには、効果的な話し方をすることです。

では、効果的な話し方とは何でしょうか?今日はその共通点を7つ紹介したいと思います

これらの話し方を身につければ、仕事でもプライベートでもコミュニケーションがスムーズになると思います。

ベンチャー企業で働いて思った。優秀な人の話し方「結論は早めに」


優秀な人の話し方の一つは、結論を早めに言うことです。

話を聞く人は、話の目的や結果を知りたいと思っています。

結論を先に言うことで、話の方向性や重要性が明確になります。また、結論を先に言うことで、話を聞く人の興味や関心を引くことができます。

例えば、「私はこのプロジェクトでA社と提携することを提案します」と言うと、「なぜA社と提携するのか?」という疑問が生まれます。

その疑問に答えるために、話の背景や根拠を説明することになります。

また、結論を先に言うことで、相手の質問や反応に対応しやすくなります

逆に、結論を最後に持ってくると、相手は話の途中で飽きてしまったり、理解できなかったりする可能性が高くなります。

結論を早めに伝えることには、話の効果的な伝達や相手との理解を深めるという利点があります。

この方法を取り入れることで、話し方はより効果的になり、相手に強い印象を与えることができるでしょう。

大事なことは、結論を述べる際に根拠や裏付けを提供することで、相手が納得しやすいようにすることです。結論を先に伝える勇気を持ち、自信を持って伝えることが大切です

ベンチャー企業で働いて思った。優秀な人の話し方「話の背景を伝える」


結論を早めに言った後は、話の背景を伝えることが大切です。

話の背景とは、話のきっかけや経緯、問題点や課題、分析や検討した内容などです。話の背景を伝えることで、話の流れや論理性がわかりやすくなります。

また、話の背景を伝えることで、自分の考えや判断に対する信頼性や説得力が高まります。

例えば、「私はこのプロジェクトでA社と提携することを提案します」と言った後は、「このプロジェクトはB市場に参入するためのものですが、B市場は競争が激しく、自社だけではリスクが高いです。

そこで、A社と提携することで、市場シェアやブランド力を高めることができます」と言うと、提携の理由やメリットが明らかになります。

これによって、相手は話の意義や信頼性を感じやすくなります。また、話の背景を伝えることは相手の関心や疑問や提案に対応する上でも非常に有効です。

相手が話の背景を理解していると、より具体的な質問や意見を提出しやすくなります。そのため、意見交換やディスカッションの場でより深い洞察を得ることができます。

ベンチャー企業で働いて思った。優秀な人の話し方「専門用語を減らす」


優秀な人の話し方のもう一つは、専門用語を減らすことです。専門用語とは、自分の仕事や分野でしか通じない言葉や略称などです。

専門用語を使うことで、自分の専門性や経験をアピールすることもできますが、相手が同じ知識や背景を持っていない場合は、話が伝わりません。

専門用語を使う場合は、必ずその意味や定義を説明するか、もっと一般的な言葉に置き換えるようにしましょう。

話を聞く人が専門用語を理解できないと、コミュニケーションはスムーズに進まず、誤解や困惑が生じることもあります。相手が専門家ではない場合や、詳しくない人との対話では、特に注意が必要です。

例えば、「このプロジェクトはROIが高いです」と言うのではなく、「このプロジェクトはお金の回収率が高いです」と言う方が、相手に伝わりやすいです。

専門用語を減らすことで、話し方がシンプルになります。シンプルな話し方は、相手の理解を助けるだけでなく、自分の考えを明確にする効果もあります

優秀な人は、自分の話がどんな人にもわかるように工夫しています。私たちも、専門用語を減らして、わかりやすい話し方を心がけましょう。

ベンチャー企業で働いて思った。優秀な人の話し方「話しの強弱をつける」


優秀な人は、話す内容によって声のトーンやスピードを巧みに変化させるのです

重要なポイントや感情を伝えたいときは、声を強くしたり、ゆっくりとしたりします。逆に、細かい説明や補足情報などは、声を小さくしたり早口にしたりします。

これによって、聞き手の注意を引いたり興味を持たせたりすることができます。

また、話しの強弱を使うことにはさまざまなメリットがあります。

まず、聞き手の注意を引くことができます。声の強弱を使うことで、ポイントや重要な内容を強調し、聞き手の興味を引くことができるのです。

また、スピードやトーンの変化を活用することで、モノトーンな話し方に比べて、聞き手にとって聞きやすくなるという効果もあります。

さらに、話しの強弱を使うことで、自分の話に自信や情熱を表現することができます。声の強さやスピードの変化は、話し手の感情や思いを伝える手段です。

自信を持って話すことで、聞き手に対して自分の意見やアイデアへの確信を伝えることができます。情熱的な話し方は、聞き手に共感や興味を抱かせ、印象づける力も持っています。

ベンチャー企業で働いて思った。優秀な人の話し方「間の取り方を意識する」


優秀な人は、話すタイミングやペースにも気を配ります。話し始める前には、一呼吸置いてから話を始めるのです。

これによって、自分が話す準備が整っていることを示すだけでなく、聞き手にも話に集中するよう促す効果があります。

話している最中でも、ポイントごとに適度な間を取ります。この間を設けることで、聞き手は自分の話を理解する時間を与えられます。

また、聞き手は頭の中で話を整理したり、質問や感想を考えたりすることができます。

コミュニケーションにおいて適切な間を取ることは、円滑な対話を実現するために非常に重要です。一呼吸置くことによって、話し手は自分の思考を整理し、的確なメッセージを伝える準備が整います。

また、聞き手にとっても、話の内容に集中するための時間が与えられます。このような間を作ることで、情報の処理や理解に役立つ時間的余裕が生まれます。

さらに、話している最中にもポイントごとに適度な間を取ることは重要です。これにより、聞き手は話の流れを追いやすくなりますし、理解するための時間を得ることができます。

間を作ることで、聞き手は自分の頭で情報を整理し、質問や感想を考える余地が生まれます。相手が自分の話に対して関心を持ち、積極的に参加してくれる環境を作ることができるのです。

言葉の間を意識的に作ることは、効果的なコミュニケーションの基本的な要素です。ただし、間を取ることと無言の時間を作ることは異なります。

無言の時間が長すぎると、聞き手は不快感を覚えたり、話の流れが途切れたと感じることがあります。ですから、適切なバランスを保ちながら、間を取ることが大切です。

ベンチャー企業で働いて思った。優秀な人の話し方「相手の反応によって変える」


優秀な人は、話している最中にも相手の反応を見ています。相手が興味を持っているのか、退屈そうなのか、疑問や不満を抱いているのか、相手の表情や態度から感じ取るのです。

そして、それに応じて自分の話し方を調整します。たとえば、相手が興味津々な様子で聞いている場合は、さらに詳細な説明をしたり、自分の体験談やエピソードを交えたりします。

逆に、相手が退屈そうな場合は、要点のみを伝えたり、話題を変えたりすることもあります。また、相手が疑問や不満を抱いている場合は、その理由や根拠を尋ねたり、自分の考えや根拠を説明したりすることもあります。

優れたコミュニケーションには、相手との相互作用が不可欠です。相手の反応を注意深く観察することで、話し手は相手のニーズや興味を把握し、それに合わせて自分の伝え方を調整することができます

相手が興味を示している場合は、より深い洞察を提供するために具体的な詳細を提供することが重要です。これにより、相手はより深く関与し、会話がより有益で意義深いものになるでしょう。

一方、相手が退屈そうな態度を示している場合は、話し手は冗長さを避け、情報を簡潔に伝える必要があります。

要点を的確にまとめ、興味を引くような要素を追加することで、相手の関心を引き付けることができます。場合によっては、新たな話題を提供することで会話の方向性を変えることも有効です。

相手が疑問や不満を持っている場合は、話し手は相手の心情に寄り添い、共感を示す必要があります。

相手の疑問や不満の根拠を理解し、それに対して適切な回答や説明を提供することが重要です。

また、自分の考えや根拠を明確に提示することで、相手に納得感や安心感を与えることができます。

ベンチャー企業で働いて思った。優秀な人の話し方「伝えようという気持ちを持つ」


優秀な人は、ただ話すだけではなく、伝えようという気持ちを持っています。つまり、相手に何かを感じてもらったり、考えてもらったり、行動してもらったりすることを目的としています。

そのためには、自身の話に根拠や論理、証拠を加えることが必要です。さらに、相手に関連性のある例やストーリーを挿入することも効果的です。

自身の感情や意見、想像力を表現することで、相手に共感や興味、そして強い印象を与えることができます。話の結末では、相手に何かを求めたり、提案したり、まとめたりすることで、話の目的を明確にします。

単に情報を伝えるだけでなく、情報が受け手にどのような影響を与えるかを意識しています。

優秀な人は、自分のメッセージが受け手に何かを引き起こす可能性を最大限に引き出すために、情報の背後にある根拠や論理を明確に提示します。

これにより、受け手は伝えられた情報をより深く理解し、受け入れる可能性が高まるのです。

さらに、具体的な例やストーリーを組み込むことによって、伝える内容が受け手と関連付けられ、より身近なものとなります。

例えば、商品やサービスの利点を説明する際に、実際のユーザーの体験や成功事例を交えることで、受け手は自身の状況と結びつけて考えることができます。

また、感情や意見、想像力を表現することによって、伝える内容に人間味や個性が加わります。これにより、受け手は伝え手との共感ができ、より深い関心を抱くでしょう。

例えば、話の中で自身の経験や感情を率直に語ることで、受け手はより一層話に引き込まれることでしょう。

ベンチャー企業で働いて思った。優秀な人の話し方「話の途中で話題がずれてないか確認」


優秀な人は、話すことが多くても話題がずれないように気を付けます。話題がずれる原因は色々ありますが、主なものは以下の3つです。

①自分が話したいことばかり話すこと

自分の関心事や意見に固執し、自己中心的に話を進めることがあります。このような行動は、相手の関心や意見を無視する結果となります。

②相手の発言に適切に反応しないこと

相手が述べた内容に対して適切な反応を示さないことは、コミュニケーションの妨げとなります。相手の話に共感や質問、意見を交えることで、有意義な対話を築くことが可能です。

③話す順序や段階が混乱していること

話す内容の順序や段階が整理されていない場合、聞き手にとっては理解しにくくなります。

話の論理的な流れを示さないことは、相手にとって混乱や無駄な時間を生むこととなるでしょう。

これらの原因を避けるためには、話す前に自分の頭の中で話の流れや構成を整理しておくことが大切です。

また、話している途中でも、自分が話したことと話すことの関係を明確にしたり、話のポイントやキーワードを繰り返したり、話の順序や段階を示したりします。これらの方法で、相手に話の脈絡や方向性を伝えることができます。

ベンチャー企業で働いて思った。優秀な人の話し方「【まとめ】ベンチャー企業で働いて思った。優秀な人の話し方はこれ。


以上が、私がベンチャー企業で働いて思った、優秀な人の話し方についての7つのポイントです。

これらを意識して話すことで、あなたも企業で活躍できる話し方が身につくかもしれません。ぜひ試してみてくださいね。

ABOUT ME
mikage
mikageです!これまでの経験をもとにブログを書いています!事業会社でWebマーケティングしています!