ビジネススキル

【関わりたくない人】世の中には関わってはいけない人が身近にたくさんいます。「関わりたくない人」の特徴とは?

【関わりたくない人】世の中には関わってはいけない人が身近にたくさんいます。「関わりたくない人」の特徴とは?

学校を卒業して社会にでると色々な人に出会います。人生を豊かにする人との出会いは良いのですが、それは極一部。

社会に出ると気が付きますが世の中には「関わってはいけない人」が身近にたくさんいるのです。

関わりたくない人の特徴を知ることは貴方の人生設計に必ずプラスになりますよ。

関わりたくない人を知ることでマイナスな時間を減らして人生を豊かにしませんか?

今回は関わりたくない人の特徴についてまとめました。関わりたくない人、実は周りに沢山いますよ。

関わりたくない人の特徴とは?

関わりたく人のイメージってどんな人かと少しイメージしてみてください。

最初に浮かんだ人は誰でした?同期の女性・仕事の相手・職場の男性・上司・社長・ママ友。

この記事を読んでいる方の環境によって違うのでしょうが、共通することは「嫌い・苦手な人」だと思います。

その思い浮かんだ「関わりたくない人」の特徴、これからまとめますね。

すぐにマウントしてくる人、いませんか?「関わりたくない人」の特徴です。

プライドが高い・承認欲求が高い。そんな方が回りにいませんか?そこまでなら良いのですが「すぐにマウントしてくる人」。

間違いなく関わりたくない人の特徴です。マウントをとる人は必ずあなたの成果を根こそぎ奪っていきます。

まるでご自身の成果のように。気が付いていないようでも周りに沢山いますよ「すぐにマウントしてくる人」は。

あれ?いつの間にかマウントされてた、なんてことは多々あります。

マウントする人は貴方を養分として認知しています。つまりあなたは道具なのです。

仕事をする以上、成果を求められます。その貴方の努力と成果をあたかも自分の成果のように振る舞い、いつの間にか貴方は道具に成り下がり。もちろん責任は一切とりません。

一度振り返ってみてください。 「すぐにマウントしてくる人」はいませんか?もしいたらその人は「関わりたくない人」として接していくのがいいでしょう。結果として無駄な時間を過ごすことになります。

正論で殴るバカ、いませんか?「関わりたくない人」の特徴です。

いつも正論で殴ってくるバカ、いませんか?間違いなく「関わりたくない人」です。

正論で殴ることで恰も自分の正当性をアピールしていますが、実はマウントを取りたいだけのただのバカです。はっきり言います。正論で殴るバカは無能です。

一時期流行りましたが「リベート」を気取っているのでしょうが、社会では全く意味がありません。

結果につながらないことが多いからです。その正論が本当に正論であれば、上司や社長に正論をぶつければよいのですが、実際は自分より下、もしくは同僚にしか正論をぶつけてきません。

つまり「ご自身の中での正論」であって社会の正論では無いと自分でもわかっているのです。

でも一時のマウントを取りたいがために「正論で殴るバカ」に成り下がっていることに気が付かないのです。絶対に関わってはいけません。無駄な時間を過ごすだけです。

正論で殴るバカ、「関わりたくない人」の特徴です。全力で逃げましょう。

いつも愚痴ばっかり言ってる人、いませんか?「関わりたくない人」の特徴です。

愚痴と意見は違います。

いつも愚痴ばかり言っている人いませんか?「関わりたくない人」の特徴です。全力で回避しましょう。

移動の電車の中やランチ、もしくは帰りの一杯。いつも愚痴ばかり言っている人、いますよね。

愚痴を言ってスッキリするのは5分が限界です。その先はただの無駄な時間。

ご本人は意見や提案のつもりでしょうが、ビジネスアワー以外での提案は絶対に発展しません。つまり愚痴です。改善しない意見は愚痴です。付き合ってもお金と時間の無駄。

いつも愚痴ばっかり言ってる人、「関わりたくない人」の特徴です。全力で接点を減らしましょう。

自分と他人の境界線がない人、いませんか?「関わりたくない人」の特徴です。

自分と他人の境界線がない人いますよね、ジャイアンみたいな人。

人の物も恰も自分の物ように扱い、最悪時間までも勝手に奪う人。

「関わりたくない人」の特徴です。いや、関わってはいけません。あなたの大切な人生を壊します。

【まとめ】 関わりたくない人の特徴とは?

これらの人に出会ったらエネルギーが吸われてしんどいだけなので迅速にかつ全力逃げましょう。

こんな人達に自分の時間を使う必要は一切ありません。

上司がこのタイプなら・・・・。異動や転職をしてあなたの大切な人生を守ることをお勧めします。

ABOUT ME
mikage
mikageです!これまでの経験をもとにブログを書いています!事業会社でWebマーケティングしています!