生活スキル

嫌いな人を気にしない方法

嫌いな人を気にしない方法

人間誰しも1人は身近に嫌いな人や苦手な人がいるものです。

学校や職場に行けば、考え方、価値観、趣味趣向などが違った人間同時が過ごすのですから、好きな人嫌いが人が出てくるのは至極当然です。

事業を伸ばす為の大切な事を伝えます事業を伸ばす為の大切な事を伝えます。 企業や店舗の経営を続けていくためには、売上を伸ばすことが重要です。 コロナ禍というこれまで経験し...

家族の中であったとしても「好き・嫌い」の感情は存在します。

そして嫌いな人がいると、どうしてもその人が気になってしまうものです。

「嫌いな人が頭をよぎって目の前のことに集中できない」
「イライラした気持ちが抑えられない」

という方も多いと思います。

1番の解決法は、嫌いな人とは顔を合わせないことです。しかし会社や学校、ましてや家族に嫌いな人がいるならば、会わないというのは難しいことです。

しかし、できるだけ嫌いな人のことは気にしないで生活したいのが本音でしょう。

そこでこの記事では、嫌いな人を気にしない方法や、今よりもっと心が楽になる考え方を紹介します。

そこで今回は、嫌いな人を気にしないための方法を解説します。

嫌いな人を気にしない方法

・前向きに相手する。
・他人は変えるのは難しい。
・その人のまでは感情を出さない。
・その空間を楽しむことを考える。
・何が原因で嫌いな人を気になるのかを書き出す。
・嫌いに人の事を考える時間はもったいないと理解する。

会社や学校など周りにいる嫌いな人に悩まず、毎日をご機嫌に過ごしたいと考えてる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

嫌いな人を気にしない方法①「前向きに相手する。」


人を嫌いになると、その人の嫌なところばかりに目が行ってしまい、疲れてしまうものです。

また嫌いな人がふと頭をよぎってしまい、中々頭から離れなくなってしまい、イライラする気持ちが大きくなってしまうこともあります。

そこであえて嫌いな人の良いところを知る努力をしてみましょう。その人の長所を探してみてください。

そうすると、思ってもいなかった良い点が見つけられ、自分が誤解していたと気づく可能性もあります。

するとその人の印象がガラッと変わっていくでしょう。

嫌いな人の良いところを知るのには、周りの人の評価を聞いてみるのが有効です。

どうしても自分の目には「嫌い」というフィルターがかかっしまい客観的な評価をするのが難しいですから。

例えばあなたが、その人の性格を嫌っていたとしても、他の人はその人の仕事能力を評価しているかもしれません。他の人からの評価を聞くと嫌いな人の新たな一面を発見しやすくなります。

それにより、あなた自身の評価も変わる可能性があるのです。

また、嫌いだからと言って避けていると、さらに関係が悪化する恐れがあります。

あえて自分から話しかけてみるのも一つの手です。話すことによって関係が修復するきっかけになることもあります。

しかし、話してみて「やっぱり自分には合わない」と再認識することもあるでしょう。そのような場合は、その人とは仕事や日々の生活に支障がでない程度に必要最低限のコミュニケーションを取ることを心がければいいでしょう。

嫌いな人を気にしない方法②「他人は変えるのは難しい。」

嫌いな人と付き合っていくのに、出来るだけ避けたりと自分が工夫するよりも、「嫌いな人に変わってほしい」と思うかもしれません。

しかし、他人を変えるのは非常に難しいということを理解しておきましょう。

『三つ子の魂、百まで』という、ことわざがあるように、人間の幼い頃に形成された性格は、大人になっても変わることがありません。

性格や考え方の根本が大きく変わるには、それこそ「生死を彷徨う」くらいの大きな出来事を体験するしかありません。

他人を変えることは不可能であり、労力と忍耐力ばかりがかかります。あまり執着すると自分の大切な時間が奪われるだけだ終わるので、すぐに諦めましょう。

他人を変えるといった自分でコントロールできないことを諦められたなら、嫌いな人と思えるような状況でも気にしないで過ごしやすくなります。

また、どうしても嫌いな相手ならば、相手のことを異世界の人間だと考えて接してみるのも一つの手です。

育ってきた環境や文化が異なれば、考え方や常識が自分とは全く違うの当たり前のことです。

それを理解できないのは「別世界の住人だからしょうがない」と、割り切ることができれば、相手を嫌いなことに対する罪悪感を抱かなくても済みます。

さらに、嫌いな人から不愉快な言動をされた時に、「別世界の人間だから仕方ない」と思うことができれば、相手を許しやすくなるのもです。

嫌いな人を気にしない方法③「その人の前では感情を出さない。」

一度嫌いという感情が芽生えると、相手が特に嫌なことをしていなくても、相手の行動や言動が全てにイライラしたり、ネガティブな感情が湧いてきてしまいます。

そんな時は出来る限り、自分の感情を「無」の状態に保ちましょう。嫌いな人が目に入ったならば、一旦深呼吸して気持ちを落ち着かせ心を無にしてみましょう。

感情を無にしたら、事務的な対応を心がけることで、嫌いな人が何をしようと、ネガティブな感情が湧かなくなるかもしれませんよ。

逆に相手が嫌いだからと言って感情的に接してしまうと、相手と言い争いが起きたりして、あなたの職場での立場も悪くなってしまうこととありえます。

トラブルを避けるためにも、平常心を保つ必要があります。

嫌いな人に関わらず、現代人は感情に振り回される傾向があります。イラッとして、楽しんで、褒められると浮かれて、叱られて落ち込んで……こうした感情的な反応を、休むことなく繰り広げています。

こうした感情の起伏は精神的に疲労するため、「無の感情」でいる時間が大切になってきます。

また嫌いな人を気にしないためには、仕事に意識を集中させましょう。基本的に複数の物事を同時に考えることは不可能です。

今自分がすべきに仕事に意識を集中すれば、嫌いな人も気にならなくなり、仕事の効率も上がるので一石二鳥ですね。

嫌いな人を気にしない方法④「その空間を楽しむことを考える。」

嫌いな人をなるべく避けるのも一つの「手」ではありますが、嫌な人がいるその場を、楽しんで紛らわすことも有効な手です。

嫌いな人と一緒にいる空間を楽しむにはまず、頭の中をプラス思考に切り替えなければなりません。目の前にある全てを肯定するのです。

嫌いな人にイライラしているよりも、今その瞬間を楽しんでいることに集中した方が、きっと幸せな気持ちになれるでしょう。

そして、どうしても嫌いな人のことを考えてしまう人もいると思いますが、時間が勿体ないと思いましょう。

嫌いな人で頭を巡らせている時間は生産性がありません。

何一つ自分にプラスになることがありません。限られた時間の中で、そんな無駄なことに時間を割いているのは止めましょう。

その時間を趣味や勉強に使い、自分の人生をより豊かにしましょう。

どうしても嫌いな人との空間を楽しめないなら、学ぶつもりで接するのもありです。

嫌いな人や苦手な人とは、そもそも価値観や考え方が違うことが多いものです。それはつまり、違う価値観や考え方を学べるチャンスでもあります。

あなたの視野を広げてくれる存在とも言えますよね。

また、嫌いた人はある意味「師」のような存在とも言えます。いわゆる反面教師にして、自分の行いに反映するのです。自分に良くない振る舞いを教えてくれる貴重な存在、と思えば、嫌いという認識も大きく変わってくるかもしれません。

嫌いな人と一緒にいることは、自分の更なる成長のためだと思えば、その空間は価値あるものに変わると言えます。

嫌いな人を気にしない方法⑤「何が原因で嫌いな人を気になるのかを書き出す」

嫌いな人を避けるとか離れるとか話さないようにすることも大切ですが、なぜその人が嫌いなのかを、自分自身で突き詰めていくことも大切です。

実は、イライラしたりストレスに感じていることは、その原因をを自分でもわかっていない場合が多いものです。

イライラやストレスに感じていることを紙に書き出し、目で確認できるようにしてみましょう。

書き出した言葉を見ていくと、

「相手によって態度を変えるところが嫌いなんだ」
「高圧的な態度が苦手なんだ」

というように自分の気持ちを整理できます。

自分の気持ちを理解した上で、どうしたら解決できるかを検討してみましょう。

その結果、その人の嫌いな部分への意識が徐々に気にならない様になっていきます。

それに、人に愚痴を吐き出すよりも、まずは書き出してみた方が気分もすっきりするはずです。

嫌いな人を気にしない方法⑥「嫌いに人の事を考える時間はもったいないと理解する。」

世の中誰からも好かれるような人なんていません。つまりは、嫌いな人がいない人はほぼいないということです。

嫌いな人と直接会っているときに、その人が気になるのは仕方がないですが、その人がいない時にまで考えてしまうのは、時間の無駄です。

考えれば考えるほど負の感情は湧き上がってきます。せっかくの貴重な時間を、嫌いな人のために嫌な感情で過ごすのはもったいないです。

人を嫌ってる自分に対して自己嫌悪に陥ったりもしてしまいますし、嫌いな人のことは考えないようにすることが1番です。

第一、あなたが嫌っている相手はあなたが嫌な気持ちでいても、心穏やかに楽しく過ごしているかもしれません。

あなたに嫌なことをしたことなど気にもしてなく、嫌われていること自体に気づいていないかもしれません。たとえ気づいていても全く気にしていないかもしれません。

それなのにあなたはイライラして暗い感情を抱えている。すごい損をしている思いませんか?

嫌いな相手より自分の方が損をしているなら、考えても無駄だと理解して、気持ちを切り替えていきましょう。

【まとめ】嫌いな人を気にしない方法

嫌いな人を気にしない方法について紹介しました。

嫌いな人を気にしない方法

・前向きに相手する。
・他人は変えるのは難しい。
・その人のまでは感情を出さない。
・その空間を楽しむことを考える。
・何が原因で嫌いな人を気になるのかを書き出す。
・嫌いに人の事を考える時間はもったいないと理解する。

嫌いな人と付き合ってく中では、「相手に変わってほしい」などと期待することは無駄です。

嫌いな人を気にしないで生きていくためには、自分の行動やモノの見方、さらには自分自身が変わらなければなりません。

嫌いな人を、ただ嫌いな人で終わらせるのではなく、自分が成長できるための試練をくれている人だと、ポジティブに捉えていきましょう。

ABOUT ME
アバター
mikage
mikageです!これまでの経験をもとにブログを書いています!事業会社でWebマーケティングしています!